入会案内メールマガジン地図お問い合わせ個人情報保護方針
青年部
3月定例

 3月13日(水)、青年部は3月定例会を開催した。今回は総務委員会(林寿嗣委員長)・ひと未来創造委員会(清水宏司委員長)が担当し、今年度で卒業する会員3名の卒業式を行った。
 卒業式では、濱岸会長より卒業生に記念品と花束の贈呈後、卒業生がこれまでの青年部活動を振り返りながらスピーチを行い、今後の青年部活動にエールを送った。続いて、出席者を代表した会員が卒業生とのこれまでのエピソードを交えた、贈る言葉を延べた。
 3月定例会に先立って、ジュニエコ委員会は今年度で2回目を終えた「ジュニア・エコノミー・カレッジinななお」の事業報告会も開催し、狩山和宏委員長ら5人が各プログラムの反省点や改善案を報告した。

2 月定例会

 2月25日(水)、青年部は2月定例会を開催した。今回はまち未来創造委員会(尾古隆史委員長)が担当し、不嶋豊和七尾市長を講師に招き、「今後の七尾市のまちづくりについて(産業に重点を置く)」をテーマに講演会を行った。
 不嶋市長は七尾市の現状として、人口構造の変化や事業所数・従業員の推移を説明した後に七尾港の取扱貨物の内訳と和倉温泉入込客数の推移を示した。産業別市内総生産額では平成21年度の第1次・2次・3次産業の合計が約2,366億円であり、第1次産業は1.5%、第2次産業は14.1%、第3次産業は84.4%占めていること。医療・介護関係でサービス業38%の約204億円の総生産額、飲食店・旅館では22%の約116億円の総生産額であり、この2区分でサービス業全体の60%を占めていると述べた。
 七尾市の現状を示した後、平成25年度当初予算案の重点分野の概要を説明し、移住・交流の推進や北陸新幹線開業対策の推進、活力溢れる地域産業づくり等、具体的な予算額を示しながら、説明した。その後、青年部会員との質疑応答を含めた意見交換が行われた。

故郷の新しい風会議in 七尾

 1月26日(土)、石川県商工会議所青年部連合会(浦谷宏信会長)は、故郷の新しい風会議in七尾を開催した。この会議は若手国家公務員有志の方と青年部員とのお互いの立場を離れ、テーマごとに自由な意見交換を行うことで、双方の意識・情報の共有化を図り、将来の国や地域のためにどのような活動を実施すれば良いかを考えていくことを目的に平成18年度より日本商工会議所青年部が実施し、今年度は全国9地区で開催されている。
 26日の会議には経済産業省や厚生労働省などの若手国家公務員有志10名、北陸信越地区を中心に全国から90名の青年部員が集い、「安全保障」「教育」「地域振興」「人口減少」をテーマに10グループに分かれて、ディスカッションが行われた。最後に若手国家公務員有志が各々、議論総括を行った。

次年度会長に瀬上博氏を選任 臨時総会

 1月9日(水)、青年部は臨時総会を開き、平成25年度会長に瀬上博氏((有)よつばホーム代表取締役)をはじめとする新役員・理事を選任した。任期はいずれも平成25年4月から1年間。
 瀬上氏は就任挨拶の中で「平成25年度は七尾YEGが発足して、27年目である。30年を一世代と言われるが、私もその中のひとつを担っていく。平成25年度のスローガンに「手をつなぎ 新しい明日へと」と掲げ、提言・交流・ジュニエコ・地域経済活性化・総務の5委員会を設け、事業を実施していく。また、現在の会員数は67名であるが、志を同じくする若い人に入会していただき、組織強化も計っていきたいので、会員各位のご協力をお願いします」と語った。
 選任された役員・理事は下記のとおり
▽直前会長:濱岸喜代美 ▽副会長:川森孝一、古山幸一、狩山和宏、清水吉宏 ▽専務理事:小山百代 ▽理事:田尻大輔、今井徹、戸田充、松原圭一郎、竹田直秀、北原泉、瀧川嘉明、石田朗、池田浩司、高橋正浩、酒井光博、三井貴幸、清水宏司、林寿嗣、市村拓也、尾古隆史 ▽監事:浦辺義徳、小田與之彦 ▽顧問:木下徳泰、高田勝

12 月定例会

 12月7日(金)、青年部は12月定例会(クリスマスパーティー)を能登食祭市場にて開催し、会員とその家族約50名が参加した。今回の定例会は、ひと未来創造委員会(清水宏司委員長)が担当し、当日は風船で会場を装飾し、サンタクロースの衣装にて参加者を出迎えた。
 開会にあたり、七尾教会牧師の釜土達雄氏がクリスマスに関する話を行った。その後、会食しながら、釜土氏による手品や青年部が準備した宝探しが行われ、参加者は楽しい時間を過ごした。

<< ←前ページへ |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  | 次ページへ→ >>