入会案内メールマガジン地図お問い合わせ個人情報保護方針
事業報告
能登の里山里海“人・食材”交流の旅 七尾特産品協会

 10月1日(土)・2日(日)、七尾特産品協会(奥村山海会長)は、「能登の里山里海“人・食材”交流の旅」を実施した。

 平成26年6月、「能登の里山里海」が日本初となる「世界農業遺産」に認定され、能登の農業・水産資源は注目されている。とりわけ、能登の米づくり、野菜づくり、漁業(多様な環境と魚種)、海産物の加工技術等が、国内外に高い評価を受けている。

 しかし近年、加工・業務用食材の需要が拡大する中、輸入品との価格差もあり、首都圏を中心とした実需者ニーズへの対応が遅れ、販路開拓が急務となっている。今回の「能登の里山里海“人・食材”交流の旅」は、能登産地と実需者とのマッチングの場を提供し、新たな販路開拓に結び付けていくことを目的に実施した。

 実需者限定企画であったが、首都圏より8名の来客があった。初日は、鹿渡島定置での漁師飯を賞味した後、生産者直売所のJAグリーンわかばの里、能登ふぐ事業協同組合の支援による「延縄漁」、能登珍味なまこや、あぐり能登を視察した。夕食は、天然ふぐ水揚げ量日本一の能登ふぐ料理を堪能した。

 二日目は、中島町外の棚田、中島アグリサービスを視察した後、一本杉商店街では、和ろうそくの高澤ろうそく、昆布海産物處しら井、鳥居醤油店、花嫁のれん館、御菓子処花月をそれぞれ視察した。能登食祭市場では、鹿渡島定置による鮮魚神経締めを見学した。

 参加者に対するアンケートを実施。アンケート結果は、サンプルを取り寄せる「5社」、早速仕入れたい「3社」、資料を取り寄せる「1社」、自社で取り扱うスタイルで共同開発したい「1社」、見積もりをもらう約束をした「1社」、等の回答が得られ、販路開拓に向けて機会創出の効果があった。 

JR西日本観光列車「花嫁のれん」運行一周年を祝う

 10月1日(土)、JR西日本金沢支社の観光列車「花嫁のれん」が昨年10月2日に運行開始から1周年を記念してセレモニーがJR和倉温泉駅で開催された。

 セレモニーでは、小野健一JR西日本金沢支社七尾鉄道部長が挨拶し、南紀一七尾市副市長、大林重治七尾商工会議所会頭、小田孝信和倉温泉観光協会会長が祝辞を述べた。

 和倉温泉駅では、和倉温泉女将の会の花嫁のれん1号の出迎え、2号のお見送りや乗客の皆さんに「わくたま焼き」がプレゼントされた。

常議員会を開催

 9月26日(月)、3階特別会議室にて常議員会が開かれ、常議員等26名が出席し、会頭選考等について審議した。

 大林会頭の挨拶により常議員会が開催された。まず、会頭選考について審議された。高澤副会頭より、「役員・議員選考委員会において、次期会頭には引き続き、のと共栄信用金庫理事長大林重治さんが全会一致で了承されました」と報告があり、大林会頭が選任された。

 大林会頭は、「今後ともご協力をお願いいたします」と、選任挨拶を述べた。次に、役員・議員承諾状況について、平成28年度収支補正予算について、常議員異動に伴う補充選任について、新入会員の承認について、審議され承認された。

 最後に、杉野副会頭が、「ここ3年間の会頭の功績は大きく、今後は全員一丸となって会頭を支えていきたい」と挨拶し、常議員会を閉会した。

第48回 簿記講座を開講

 9月21日(水)、全25回の日程で11月18日まで行う『第48回簿記講座』を開講した。講師は、元石川県立高等学校教諭の谷屋廣氏。受講者は、製造業・小売業・サービス業・建設業等から18名が受講した。

 簿記を初めて習う方、検定試験を目指す方、仕事に活かす方が対象。基礎的な商業簿記の原理や記帳、決算などに関する初歩的実務の理解を目指していく。

 谷屋講師は「企業があるところには必ず簿記がある。企業の経営内容は全て簿記会計で表現でき、経営管理能力を身につける基礎技能。どんな時代でも簿記の知識が必要である。皆さんに企業の経営内容を数字で読めるようになってほしい」とこれから始まる講座への意義を説いた。

 講座は親切丁寧で分かり易く、初めて簿記を習う方も段々に理解を深め、仕事帰りにもかかわらず疲れも見せず熱心に聴き入っていた。

ななお移住・創業応援セミナーIN東京 初の出張開催

 七尾市移住定住促進連絡協議会、ななお創業応援カルテットは9月17日(土)、東京・有楽町のふるさと回帰支援センターで七尾への移住・創業希望者向けに初の出張セミナーを開催した。東京や神奈川、埼玉在住の30代~60代の9組12名がセミナーと個別相談会に参加した。

 セミナーのⅠ部では、七尾市に移住し創業した方の体験談として、今年3月に東京から移住した(株)DECOLE代表の中嶋氏が七尾市での自らの暮らしぶりを紹介し、七尾市の魅力やななお創業応援カルテットの支援体制についても触れ参加者は熱心に耳を傾けた。

 Ⅱ部では、七尾市の移住担当者から住宅取得助成、家賃助成、スタートアップ事業(創業補助金)などの移住施策、当所担当者からは移住創業者の事例を交えながらカルテットの取組について説明した。その後、七尾市移住担当者、カルテット各機関のメンバーにより、個別相談会を実施し、参加者の現状、希望などをヒアリングし、それぞれに応じたアドバイスを行った。

 なお、カルテットメンバー一行はセミナー前日(16日)に、内閣府まち・ひと・しごと創生本部、いしかわ移住UIターンセンター、日本政策金融公庫創業支援部の視察・ヒアリングを実施している。

 これらの事業は、県の震災復興地域づくり創業支援事業を活用しており、11月26日(土)、東京のILAC(いしかわ移住UIターン相談センター)で第2回目のセミナーを予定している。


[今後のカルテット事業について(予定)]

〈東京開催〉
  2016年11月26日(土)ななお移住・創業応援セミナーIN東京(第2回)ILAC
〈七尾開催〉
  2016年10月14日(土)スマホを使ったソーシャルメディアで販促・集客する方法 七尾商工会議所
  2016年10月15日(土)創業応援セミナー・交流会 七尾商工会議所
  2016年11月5日(土)ななお移住・創業応援セミナー現地体験会(第1回)七尾商工会議所他
  2017年1月下旬    ななお移住・創業応援セミナー現地体験会(第2回)七尾商工会議所他

<< ←前ページへ |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  | 次ページへ→ >>