入会案内メールマガジン地図お問い合わせ個人情報保護方針
事業報告
3Dプリンタ(三次元造形機)を視察!! 能登珪藻土研究会

 5月11日(水)、能登珪藻土研究会は石川県工業試験場の3Dプリンタ(三次元造形機)を視察した。3Dプリンタは、樹脂・石膏・金属の3タイプ。

 現在、石川県工業試験場は「能登珪藻土を活用した3Dプリンタ用材料の開発事業」を研究中で、能登珪藻土研究会と技術交流している。珪藻土は石膏と同じ無機材料であることから、珪藻土と石膏を配合させた材料を直接3Dプリンタで造形することができれば、様々なデザインの試作開発が可能となる。珪藻土関係者は、この研究開発に大きな期待を寄せている。

 視察に先立つ総会では、木地一夫代表が東京ビッグサイトで開催されるPizza & Pasta EXPOへの出展等を報告。能登珪藻土を、これからの生活様式・生活空間に生かしていく提案・取り組みを活発に展開し、企業発展に貢献し、ひいては地域の活性化に繋がるような会の活動にしたい。