入会案内メールマガジン地図お問い合わせ個人情報保護方針
事業報告
経営力アップセミナーの開催

 3月31日(木)、経営力アップセミナーを開催し、日本銀行金沢支店長小澤浩太郎氏が、「最近の金融経済情勢について」をテーマに講演した。

 小澤氏は、1.物価安定に向けた取組み、2.景気・物価情勢の見通し、3.北陸の経済動向、を3本柱として講演された。

 物価安定に向けた取組みについては、日本銀行は、量的・質的金融緩和を導入、長期国債の買入れやマイナス金利政策を実施した。物価は体温、お金は血液とし、日本のデフレは血(お金)の巡りの悪さによる恒常的な低体温症であり、日本銀行は、デフレからの脱却に全力で取り組んでいくと述べた。

 景気・物価の見通しについては、14年度はマイナス成長となったものの、15年度は1%程度のプラス成長に転化し、先行きも緩やかな拡大が見込まれている。

 北陸の経済動向については、東海地方に次ぐ好景気を維持している。要因としては、需要好調なモノ作りの企業による生産活動の拡大と、北陸新幹線開業に伴う交流人口の増加という二つのエンジンに牽引されていることによる。

 最後に、政府が、訪日外国人観光客数について、4千万人まで増加させる目標を打ち出したことを踏まえ、七尾においても交流人口の増加を図り、地域経済の活性化を目指して欲しいと述べた。