入会案内メールマガジン地図お問い合わせ個人情報保護方針
事業報告
平成28年度事業計画

1.基本方針

 昨年度の国内経済は、前半の株高、円安傾向から中国経済の先行き不透明感や中東情勢の激変等の国際要因により、後半からは株安、円高に転じてきており、今後の世界経済の動向を注視していかねばならないと存じます。

 安倍内閣は、「一億総活躍社会」を掲げ、地方創生を重点事業として取り組んでおりますが、少子化と定住人口減少の流れは続いており、地域経済環境は益々厳しさを増すものと思われます。

 さて、昨年2月28日には、能越自動車道七尾氷見道路の全線開通、3月14日には、北陸新幹線金沢開業が実現し、地域公共交通インフラは格段に充実しました。この経済効果は観光業関連はもとより、地域経済全体に好循環をもたらす事ができました。今後は、この追い風を一過性に終わらせないためにも地域をあげての取り組みが必要不可欠です。

 こうした環境のもと、七尾商工会議所の本年度の重点事業として、JR七尾駅前商業施設の支援、七尾城山線の整備、花嫁のれん館の支援等、中心市街地を含めた地域振興対策を推進します。

 産業基盤整備推進では、能越自動車道田鶴浜ICから七尾IC間の新規事業化、和倉温泉駅周辺整備や都市計画道路整備等、引き続き地域インフラ整備を推進してまいります。

 この他、七尾港整備では、国際物流ターミナル事業をはじめ、クルーズ船誘致等、ハードソフト両面の機能強化を図っていきます。

 また、中小企業支援の拡充・強化では、創業・事業承継を従来以上に充実させると共に、会員企業の経営支援に全力で取り組みます。

 本年度、七尾商工会議所は創立70年の節目の年にあたります。能登の中核、七尾市の経済団体としてその果たすべき役割、使命は益々重要になってくるものと存じます。

 これを機に、改めて七尾商工会議所が先頭に立って地域経済活性化を果たしていく事をお誓いし、本年度の基本方針と致します。


2.重点事業

  1. 地域振興対策の推進
    (1)JR七尾駅前複合商業施設パトリアへの支援
    (2)県道七尾城山線の整備促進
    (3)花嫁のれん館運営支援並びに街なか観光事業の推進
  2. 産業基盤整備推進
    (1)能越自動車道田鶴浜IC~七尾IC間の新規事業化(9.5㎞)
    (2)和倉温泉駅周辺環境整備促進
       ①和倉温泉駅前ロータリーの改修
       ②和倉温泉駅裏側の整備促進
    (3)都市計画道路外環状線の整備促進
       ・大田町~藤野町間の未整備区間の早期事業着手
    (4)七尾港の整備促進・クルーズ船の誘致推進
       ①七尾港国際物流ターミナルの事業推進
       ・水深13mへの早期完成並びに埠頭用地の整備推進
       ②矢田新地区緑地の早期事業着手
    3.中小企業支援の拡充・強化
    (1)創業・事業承継支援の充実
    (2)地元企業への受注機会の確保

平成28年度 予算内訳(単位:千円)