入会案内メールマガジン地図お問い合わせ個人情報保護方針
事業報告
心に残る『また来たい!』と思わせる接客術

 3月3日(木)、和倉温泉観光会館にて第53回接客サービス講習会を開催した。温泉旅館従業員ら約120名が受講した。

 小田副会頭が「北陸新幹線金沢開業後の効果維持には、リピーター獲得が不可欠。一過性で終わらせないよう、おもてなしの心に磨きをかけ、ファンの増大に努めることが大切」と挨拶した。

 引き続き、元NHKキャスター・相澤静アナウンススクール代表の相澤静氏をゲストに迎え、心に残る『また来たい!』と思わせる接客術をテーマにセミナーを開催。

 相澤氏は、(1)接客サービスの基本、(2)第一印象アップ術、(3)心に伝わる効果的な話し方・聞き方・話の引き出し方、(4)信頼関係の築き方~コミュニケーションの重要性~、(5)サービスとホスピタリティを説明した。

 話すときの基本は、「腹式呼吸」。イメージは「深呼吸」。呼吸をコントロールでき、伸びやかな声を出すことができ、堂々とした自信に満ちた印象を与えることができる。

 また、3種類の「間」を使い分けることも大切として、(1)相手が理解するための「間」、(2)相手を惹き付けるための「間」、(3)相手に考えさせるための「間」の重要性を述べた。

 元NHKキャスター時代のインタビューテクニックも披露。(1)「なぜ?」「どうして?」を多用しない、(2)「はい」「いいえ」で終わる質問をしない、(3)自分と比較しながら質問する、(4)相手の答えをより具体的に訊くことが大切と説いた。

 この後、石川県同和教育研究協議会副会長の永井敬善氏が、差別事件と県民の意識をテーマに講演し、講習会を閉会した。