入会案内メールマガジン地図お問い合わせ個人情報保護方針
事業報告
長野・軽井沢でのでのモニタリング調査結果を報告

~ 第4回小規模事業者地域力活用新事業支援事業実行委員会を開催 ~

 2月25日(木)、小規模事業者地域力活用新事業全国展開支援事業の第4回実行委員会を開催し、委員、参画事業者等14名が出席し、意見交換した。

 冒頭、濱委員長より「去る2月10日と10日に長野市と軽井沢町でモニタリング調査を行った。今回の調査事業のメインとなるモニタリングであり、そのご報告と併せ、皆さまからご意見もうかがいたい」と挨拶があり、委員会に入った。

 はじめに、長野市のホテル国際21長野と軽井沢町のホテルサイプレス軽井沢で実施したモニタリング調査について、専門家の谷本亙氏、杉村裕之氏からそれぞれ報告があった。谷本氏からは長野市の調査について「氷見ぶりが有名だが、実際は七尾のぶりという事を再認識した、能登野菜の椎茸が新鮮であり、能登牡蠣、能登ふぐを含めた地域食材は鮮度が大事であり、流通の方法、アピールの仕方を検討すべき、長野市内の飲食、地元スーパー等にも活用できるためにも流通が重要である」等々の意見と提案を報告した。

 また、杉村氏から軽井沢の調査について、「能登牡蠣はぜひ生で食してみたい、広島産よりも身が大きく、味も濃く美味であり、今後の流通に期待する、食材の一部に少し管理が足りない面もみられたので、飲食現場との細かいコミュニケーションが必要ではないか」等々の報告があった。

 出席委員からは、「北陸新幹線開業で、時間距離は非常に近くなったが、流通が課題であり、能登野菜等、水産物以外の販路開拓にも期待できる」「世界農業遺産に指定された食材と和倉温泉等の観光との連携もより重要となる」等の意見もあり、次年度以降も引き続き取り組んでいく事で出席者の意見が一致し、委員会を終えた。