入会案内メールマガジン地図お問い合わせ個人情報保護方針
事業報告
地域開発委員会 ~平成28年度事業計画について意見交換~

 11月13日(金)、地域開発委員会(宮崎博委員長)が開かれ、委員等13名が出席し、平成28年度事業計画案について意見交換した。冒頭、宮崎委員長が挨拶し、「本委員会は、地域交通インフラ整備を中心に事業計画を策定している。本日は、次年度の委員会事業計画について審議願いたい」と述べた。

 続いて、津田亨副委員長より、直近の七尾市都市道路の整備状況について説明があり、「能越自動車道七尾氷見道路は全線開通したが、田鶴浜七尾道路は唯一、事業化されていない区間であり、特に新設区間3.4㎞の事業化が早急に求められる」と現状の課題を述べた。また、一般国道159号七尾バイパスの整備も事業化に向け動き出しているとの情報提供もあった。

 この後、出席委員による意見交換があり、最近の山城ブームを見据えた中で、県道七尾城山線の整備促進による利便性向上により、七尾の観光資源をアピールする事が重要ではないか、また、七尾市が進めている空き家バンク事業、ハッピィリタイアメント事業等と連携を密にし、定住促進に向けた取り組みのPR、支援を強化すべき、また、青柏祭等の伝統的祭事をもっとアピールし、交流人口を中心市街地に取り込み、地域の魅力向上も図っていかなければならないのではないか等々の意見が出された。

 こうした意見、要望を次年度事業計画に反映する事で一致し、大根副委員長が閉会の挨拶を述べ、委員会を終えた。