入会案内メールマガジン地図お問い合わせ個人情報保護方針
事業報告
モントレー市との姉妹交流を次世代に!!

 9月20日(日)~ 25日(金)、4泊6日の旅程で、姉妹都市モントレー市を七尾市民等25名が親善訪問。

 本親善訪問団は、七尾市代表の近江一芳氏(七尾市教育長)、七尾市議会代表の木下敬夫氏、大林吉正氏、七尾商工会議所代表の髙澤良英副会頭、七尾・モントレー友好協会の間蔵信行会長、コーディネーターにTim芦田氏、各姉妹提携団体の代表等で構成。

 1995年12月、七尾市と米国カリフォルニア州モントレー市が姉妹都市提携に調印。この姉妹都市提携20周年という節目の年を祝うとともに、両市の姉妹交流を深め、更なる絆を深める親善事業を展開した。

 世界中のジャズファンが驚愕する本場モントレージャズフェスティバル、患者や家族が安心して療養に専念できるモントレー半島病院、手作り商品ばかりが並んでいるファーマーズ・マーケットを視察。

 クライド・ロブソン市長による最近のモントレー市政セミナー、ランディ・バーナード氏による観光セミナーを受講。

 モントレー市議会表敬訪問では、クライド・ロブソン市長やモントレー市議員ら全員から歓待を受けた。

 議場で、近江一芳教育長、木下敬夫市議員が演説。姉妹交流の過去から現在までを祝うだけでなく、未来に向けてどうやって次世代の若い人々を巻き込み、その夢を実現させられるかを考える機会となり、よりいっそう意義あるものとなった。

 モントレー市側主催のウエルカムパーティは、モントレー市民等が約90名参加、盛大に歓迎いただいた。

 七尾市側主催の記念交流会では、クライド・ロブソン市長夫妻、ダン・アルバート元市長夫妻、チャールズ・デラ・サラ前市長夫妻の歴代市長が出席。在サンフランシスコ総領事館から渡辺首席領事も特別参加、領事館として非常に評価が高い姉妹交流だとエールが贈られた。出席者全員が外交官となり、皆で姉妹交流を楽しんだ。

 これまで、青少年を含めると2,000名以上の交流人口を有するモントレー市との交流があった。

 姉妹交流を通じることで異文化に接することができ、両市民が飛躍的にスキルアップしている。この姉妹交流を大切な宝として、確実に次世代の若者に継承していくことが必要と感じた。太平洋を隔てた友人達に感謝申し上げる。

経営支援課係長 宮田良一郎