入会案内メールマガジン地図お問い合わせ個人情報保護方針
女性会
女性会創立20周年記念式典・祝賀会・講演会

 七尾商工会議所女性会は平成6年10月26日に創立され、今年20周年を迎えた。
 10月29日(水)、和倉温泉「加賀屋」に記念式典等を開催し、来賓ならびに会員ら150人が参加した。
 記念式典は、伊藤順子実行委員長の開会宣言、国歌斉唱、女性会の歌、物故者の黙祷のあと、木下八重子会長が「地域社会を明るくするのは会議所の使命。会議所の一翼を担う一員として女性らしい気配りで地域活動をしなくてはならない」と挨拶し、さらなる発展を望んだ。
 引き続き、大林重治会頭が歓迎の言葉を述べ、谷本正憲知事、不嶋豊和七尾市長、全国商工会議所女性会連合会の池上淳子副会長が祝辞で、「七尾、能登の活性化のために一層奮起を」「女性ならではの柔軟な発想を生かしていこう」などと激励した。
 続いて感謝状の贈呈では、創立以来女性会活動にご尽力いただいた初代会長である山口喜子様に木下会長から感謝状と記念品を贈呈し、永年の功績を称した。
 また20周年記念事業として、長谷川等伯像建立実行委員会に、等伯の「松林図屏風」にちなみクロマツ一式の目録が手渡された。
 祝賀会では、オープニングに会員有志と山王小学校5年生38人による「七尾まだら」を披露。七尾東雲高校のダンス部が快活な踊りで盛り上げた。
 記念講演会では、ピールアーティストの才田春光氏が、「自然からのメッセージ~ピールアート~」と題して講演した。
 また、10月30日が香りの記念日のため、出席者全員に等伯香を記念品として贈呈した。