入会案内メールマガジン地図お問い合わせ個人情報保護方針
女性会
「おもてなし講座 in こまつ」に参加

 9 月3 日(水)、小松商工会議所女性会主催による「おもてなし講座inこまつ」が「サイエンスヒルズこまつ」にて行なわれ、県内女性会会員より約120名が参加し、七尾からは木下八重子会長を含め、計12 名が出席した。
 サイエンスヒルズこまつ3Dシアターにて、小松商工会議所女性会会長島節子氏の歓迎の挨拶があった。
 引き続き、3 Dシアターの作品上映が行われ、当日の小松市内より見れる空がシアターに映し出された。星の名前や夏の星座、星座にまつわる物語などが紹介され、日本最大級のドーム型3D シアターを楽しんだ。
 また、体験講座では、和菓子づくりとお抹茶体験をし、和菓子作りでは、(有)行松旭松堂専務理事・行松宏展氏を迎え、参加者は説明を聞きながら、「寒椿」の上生菓子をそれぞれ作った。行松氏は東北支援などの活動をした際、寒椿の上生菓子を被災した方々と一緒に作ったエピソードなどを紹介した。「心を込めて作ることが大事。」と話された。お茶席では大田宗理氏を講師に、お茶の親しみ方や裏千家にゆかりのある仙叟屋敷等について説明した。参加者は自身で作成した和菓子と一緒に、お抹茶をいただき、今回のおもてなし講座を終えた。