入会案内メールマガジン地図お問い合わせ個人情報保護方針
女性会
全国商工会議所女性会連合会宮城全国大会に参加

 9月5日(木)~6日(金)、全国商工会議所女性会連合会は、仙台市(宮城県)で「第45回全国商工会議所女性会連合会宮城全国大会」を盛大に開催した。
 全国から349女性会、約3,500名が参加し、七尾商工会議所女性会からは会長木下八重子他20名が参加した。
 冒頭、全国商工会議所女性会連合会の吉川稻会長より「東日本大震災から約2年半が経過したものの復興は依然として遅れており福島県では、いまだに深刻な状況が続いている。早期復興・福島再生のため、皆様の一層の力添えをお願いしたい。また、全国女性会のネットワークを活かし行動する女性会として魅力ある地域づくりに向けた活動に邁進していく」と挨拶があった。
 引き続き、出席女性会紹介では都道府県毎に女性会メンバーにスポットが当てられ、それぞれのパフォーマンスが繰り広げられた。
 次に、第12回女性起業家大賞授賞式、全商女性連表彰授与式が執り行われた。
 全国大会終了後には、東北大学加齢医学研究所の川島隆太教授が「脳を知り、脳を育み、脳を鍛える」と題した記念講演会が行われた。
 その後、東北地方を代表する“東北の祭り”のイベントを開催。「青森ねぶた祭」「盛岡さんさ踊り」「秋田竿灯まつり」「山形花笠まつり」「福島わらじ祭り」「仙台七夕まつり」を会場内で披露。そのすばらしいイベントで会場内の女性会会員は歓声をあげた。
 また、9月4日(水)~6日(金)にかけ、県内商工会議所女性会連合会の研修視察も開催され、世界遺産の中尊寺、厳美渓、瑞巌寺、松島湾、仙台まち散歩(仙台市アーケード商店街散策)などの観光施設を研修した。