入会案内メールマガジン地図お問い合わせ個人情報保護方針
青年部
9 月定例会

 9月16日(日)・17日(月)、青年部は9月定例会を開催した。今回はジュニエコ委員会(狩山和宏委員長)が担当し、「第2回ジュニア・エコノミー・カレッジinななお」の第2回会合「アクティブセミナー」を開催した。
 16日は、ふれあいセンター山びこ荘で行われ、15の模擬株式会社を経営する同市の児童71名が「商売の仕組み」や「安全な食品作り」について学び、「おもてなしの心」の講義では、(株)加賀屋・帳場シニアマネージャーの楠峰子氏が「笑顔で気働き」をテーマに、サービスの定義と本質、マナー5原則、接客10大用語について説明した。
 講義終了後、児童が事前に調べてきた材料の仕入れ値を基に、仕入れの予算額、売上目標を立て、商品完売時の利益と分配時の株主への配当金額や役員報酬を決めた。それらを基に各会社はドリームボード商品編(事業計画書)と店作り編(店作り、広報戦略)を画用紙に描いた。
 17日は、商工会議所で行われ、「帳簿のつけ方」等を学び、模擬銀行に対する事業説明会では、融資担当者役を務めた、のと共栄信用金庫の職員に店舗の内容や会社の特徴をドリームボードを使って説明し、借り入れを求めた。その後、会社説明会も行われ、児童は保護者に対して、同様に説明し、出資を求めた。