入会案内メールマガジン地図お問い合わせ個人情報保護方針
青年部
定例会5月定例会

 5月28日(月)、青年部は5月定例会を開催した。今回はまち未来創造委員会(尾古隆史委員長)が担当し、講師に七尾市産業部世界農業遺産・6次産業化推進総室の担当者を招き、「世界農業遺産 能登の里山里海と6次産業化について」をテーマに講演会を実施した。
 世界農業遺産については能登の里山里海は世界で9番目、先進国では初めて認定されたことや農業上の土地利用、景観、生物多様性の保存の推進を認定目的としていること等を説明した。
 続いて、6次産業化については1次産業(農林漁業者)が2次・3次産業と融合によって、新商品や新サービスの開発や販路拡大など新たな価値を創造することであることや現在の6次産業化の関連予算について説明した。最後に全国の多くの企業が農林漁業者との連携を望み、情報収集・計画の策定を進めていることを紹介し、農林水産省の6次産業化のホームページを参考する等、情報を確保することが重要であると述べた。