入会案内メールマガジン地図お問い合わせ個人情報保護方針
女性会
女性会 新春会員懇談会 

  2月9日(水)、和倉温泉「湯けむりの宿 美湾荘」にて七尾商工会議所女性会、新春会員懇談会が開催され、木下八重子会長他40名が参加した。

冒頭、木下会長より、「昨年は政権交代があり、世の中が反転するくらいの公約が発表される中、とても厳しい経済状況ではありますが、今年の干支である寅のように、どこまでも伸びるという意味があります。会員皆様が切磋琢磨し、新しい物にチャレンジ、他にない物や自分のオリジナルを作っていかなければならない。」と挨拶があった。

引き続き、当所、向田博一専務理事より「長谷川等伯没後400年記念年を迎えて」と題した講演を行った。
  向田専務は、我らが郷土の偉人 長谷川等伯がいかに全国的に注目されているか、を最近の新聞・テレビ・月刊誌・刊行本を次から次へと紹介し、"等伯マニア"をユーモアを交えて話された。そして、あらためてこの等伯が生まれ育ったこの七尾市、能登の中心都市 七尾市の性格を踏まえた「まちづくり」の必要性を、人口の集中性、都心必需施設(通勤・通学・買い物・医療)の配備状況、商品販売額を示しながら話された。その後、懇親会が開かれ、会員相互の親睦を深めた。