入会案内メールマガジン地図お問い合わせ個人情報保護方針
事業報告
ローカルベンチャーなまち、七尾

七尾市でも始まったローカルベンチャー

 七尾市が地方創生の一環として取り組むローカルベンチャー事業。全国で地域おこしの最先端をいく岡山県西粟倉村、徳島県上勝町、宮崎県日南市など全国10自治体にて構成されています。ローカルベンチャー事業とは、地域の困りごとを“ビジネスを通じて”解決していくことを主眼に置いて、各地域が様々な取り組みをしています。昨年から七尾市も産業振興課を中心に全国の他の自治体と連携しながら動いています。

事業承継がピンチをチャンスに変える

 私は、昨年10月より七尾街づくりセンターにローカルベンチャー事業のアテンダントとして就任しました。七尾の活性化へ向けた様々な仕掛けをしています。私のミッションは、七尾にチャレンジする会社を増やし、新たな雇用を生み出すこと。会社がないと、雇用を生み出せません。しかし、七尾市の未来予想は、2015年からの10年間で、1,100社以上の会社が減少し、2025年には2,500社を切る見込みです。このままでは、七尾経済が地盤沈下します。そこで重要になるのが事業承継です。

 ですが、個人事業主が多い七尾では、事業を残すことが、重要視されておらず、後継者がいなければ、そのまま廃業するケースが多々あります。団塊の世代が廃業・引退するここ数年間が、七尾経済にとって大ピンチになります。繁栄とは、次の世代にバトンを繋ぐこと。繋ぐことでピンチはチャンスになります。そのため、税理士などの士業関係、銀行などの金融機関、商工会議所などの経済団体、行政関係の23機関が集まった、事業承継に関する官民連携ネットワーク「事業承継オーケストラ」を2月6日に立ち上げました。事業を存続させるため、後継者がいない場合は、親族外の第三者への承継に力を入れていきます。七尾市が地域をあげて、事業承継に取り組んでいることは、都会の若者に大きなPRになります。若者は、新しいこと、面白いことが好き。つまりチャレンジが若者を呼び込み、七尾を元気にしていきます。

七尾をチャレンジあふれるまちに!

 もちろん事業承継だけでなく、新商品や新規事業の開発など、経営を革新する新たな取り組みを応援しています。そのために、4月からはビジネススクールを開講する予定です。七尾市がチャレンジあふれるまちにすること。そうなれば、七尾はローカルベンチャーが溢れるまちとして、全国に名が轟くでしょう。私は、皆さんのチャレンジを精一杯応援していきます。是非、一緒にチャレンジを!


七尾街づくりセンター株式会社 アテンダント

友田 景(ともだ けい)氏
【好きな言葉】Think diff erent
【好きな食べ物】お茶漬け
【趣味】キャンプ、野球、テニス

  • 社名 七尾街づくりセンター株式会社
  • 所在地 七尾市檜物町57-10 しるべ蔵
  • 電話 0767-57-5413
  • Webサイト http://www.nanao-lv.com
  • 社員数 3名