入会案内メールマガジン地図お問い合わせ個人情報保護方針
事業報告
県境を越えて創業者同士が交流 氷見・七尾商工会議所連携事業

創業者交流会&創業者フォローアップセミナー開催

 11月24日(金)、氷見・七尾商工会議所は、両会議所の連携事業として、両市の創業者の交流と連携創出を目的に、フォローアップセミナーと交流会を開催した。創業者の交流を行うのは本年2月に引き続き2回目。今回は開催地を氷見市とし、七尾から7名、氷見から10名の創業者が参加した。

 フォローアップセミナーでは、まち&むら研究所代表の谷本亙氏が「実際に買って、見て、感じて、食べての3種の神器とは」と題して、商品やサービスのヒットの要因について自身の体験事例をもとに紹介し、参加者も自身の事業の参考にしようと熱心に聞き入っていた。

 セミナー後の交流会では参加者同士が自己紹介・事業紹介を行い、氷見で来春の開業にむけ準備中のブルーミン代表の山本悠貴氏と今年4月に七尾市石崎町でスポーツ応援合宿所を開業した宮谷政己氏が具体的にそれぞれの創業について事例発表を行った。

 終了後は、氷見市稲積に今年6月にオープンした農家レストラン「たねのわ」(NICE FARM 代表 廣和仁氏が経営)で懇親会も開催。当所の大林会頭と氷見商工会議所の寺下会頭も参加され、外の寒さも忘れるほど熱気に満ちた懇親会となった。

 参加者からは「また参加したい」「もっと氷見と交流していきたい」との感想もあり、交流促進から事業連携や取引とつながるよう本交流会事業を発展させていきたい。