入会案内メールマガジン地図お問い合わせ個人情報保護方針
事業報告
会員事業所の永年勤続優良従業員116名を会員大会で表彰

 11月22日(水)、当所において、会員大会が開催され、会員事業所の永年勤続優良従業員116名を表彰した。

 会員大会は、開会のことば、国歌斉唱、物故者への黙祷の後、大林会頭が挨拶し、「平成26年1月に発足した“ななお創業応援カルテット”による創業者の掘り起こしとともに、本年4月に設立した“ななお経営支援センター”による経営支援強化に取り組み、活力あるまちづくりの実現とともに、この事業を核として、地域と企業に信頼できる商工会議所を目指していく事をお誓いいたします。」と述べた。

 その後、大林会頭より、旭日双光章を受章された小田禎彦特別顧問に賀状の贈呈、日本商工会議所会頭感謝状伝達を受賞された白井修常議員、通哲男議員にそれぞれ表彰状と記念品が渡された。

 次に、永年勤続優良従業員表彰式が行われ、30年以上、25年以上、20年以上、15年以上の受賞者に賞状と記念品が授与され、和田内潜建の嶋田昭彦さんが謝辞を述べた。

 石川県商工労働部安田秀樹次長、不嶋豊和七尾市長、和田内幸三石川県議会議員の祝辞の後、会員活動として「おでん串あげ 灘」の代表 廣瀬智博氏が講演した。

 最後に、石川県中能登総合事務所の青木哲雄所長が万歳三唱を行い、会員大会を終了した。