入会案内メールマガジン地図お問い合わせ個人情報保護方針
事業報告
大事業承継時代に突入 北陸信越ブロック商工会議所会頭会議

 10月3日(火)、北陸信越ブロック商工会議所会頭会議は、白山市のグランドホテル白山で115名が出席して開催された。

 当日は、久貝卓日本商工会議所常務理事より「中小企業の現況と直面する経営課題等について」説明があった。

 久貝常務理事は、「中小企業は年々減少。経営者の年齢のピークは66歳に達し、今後5年から10年間で経営者が大量に引退する「大事業承継時代に」突入する。一方、廃業予定企業の中には、事業の将来性がある企業も存在している。開業率も他国に比べ低く、重要課題である大事業承継時代に向けた事業承継税制の抜本拡充が必要である。」と説明した。

 引き続き、各商工会議所から日本商工会議所に対する意見・要望し閉会した。