入会案内メールマガジン地図お問い合わせ個人情報保護方針
事業報告
第17回 七尾港整備・振興促進協議会総会

 7月4日(火)、役員・会員46名が出席し、第17回七尾港整備・振興促進協議会が開催され、平成28年度事業報告、収支決算等について審議した。

 冒頭、大林会頭は、「七尾港に、本年5月2日ににっぽん丸、8月24日飛鳥Ⅱが入港することにより、賑わい創出、交流人口の拡大を期待し、更なるクルーズ船誘致に取り組んでいきたい。また、七尾港開港120周年となる平成31年に行う記念事業を企画すること等を、今年度の取り組みとしたい」と挨拶した。

 この後、大林会頭が議長となり、議案審議に入った。議案第1号平成28年度事業報告についてから議案第4号平成29年度収支予算についてまで、事務局より説明があり、それぞれ異議なく可決承認された。

 第5号議案の役員改選も異議なく可決承認され、杉野哲也副会頭が副会長に選任された。副会長の大森信夫(七尾海陸運送㈱取締役社長)が閉会の挨拶を述べ、総会を終了した。その後、七尾港関係事業の説明会が開催された。