入会案内メールマガジン地図お問い合わせ個人情報保護方針
事業報告
七尾特産品協会 定期総会を開催

 5月23日(火)、七尾特産品協会は平成29年度の定期総会を開催した。

 最初に奥村会長が「昨年度は、ふるさと祭り東京2017に出展。他にも新規事業としては「能登の里山里海“人・食材”交流の旅」を実施し、東京や長野方面の事業者との交流を深めることができた。今後も、この事業を成長させていきたい。」と挨拶した。

 提出議案の平成28年度事業報告・収支決算、出展販売に係る規定(案)、役員改選(案)、平成29年度事業計画(案)・収支予算(案)について、それぞれ承認された。

 役員には、会長に奥村山海氏が再任され、新理事に田尻虎蔵商店の田尻和也氏と打越商舗の打越憲司氏が就任した。本年度の事業計画では、丸亀市や大垣市で開かれるイベントへの出展や、昨年度より開始した「能登の里山“人・食材”交流の旅(着地型商談会)の実施」等の継続をそれぞれ決定した。

 総会終了後、講師に丸井グループ・丸井織物(株) 代表取締役 宮本徹氏を迎え、『未来をつくるチーム力と人材育成』をテーマに講演会が開催された。