入会案内メールマガジン地図お問い合わせ個人情報保護方針
事業報告
第14回 花嫁のれん展の開催

 第14回 花嫁のれん展が、4月29日(祝)より開催された。

 仙対橋にて開幕式が行われ、一本杉通り振興会の浦部義徳会長が開幕宣言をし、来賓を代表して、大林重治会頭が祝辞を述べた。

 花嫁道中開始宣言の後、七尾市白馬町のイタリアンレストラン“Villa della Pace”を営むシェフの新郎平田明珠さん、新婦大田靖子さんが、魚町でか山木遣りの先導により、花嫁のれん館に向けて出発した。花嫁のれん館では、昔ながらの婚礼儀式である「合わせ水」や「花嫁のれんくぐり」などを行い、幸せな家庭を築くことを誓った。

 今回の花嫁のれんは、能越自動車道七尾氷見道路開通に伴い交流を開始した「ひみ鳳の会」(氷見市観光協会の女性会員で構成)から提供されたものを含め、64の商家・民家の屋内に約170枚の花嫁のれんが展示された。