入会案内メールマガジン地図お問い合わせ個人情報保護方針
事業報告
労災の新たなリスクへの対応が必要! ~メンタルヘルスセミナーを開催~

 2月22日(水)、当所と東京海上日動火災保険(株)七尾支社との共催により、メンタルヘルスセミナーを開催し、会員事業所等15名が受講した。

 講師には、東京海上日動火災保険(株)七尾支社の山下順一郎氏を招き、「新たなリスクに対する企業防衛対策」をテーマに説明を受けた。山下氏は始めに「労災事故の死亡者は減少傾向にあるが、精神疾患等のいわゆるメンタルヘルスの悪化や重労働による過労での志望者は急増している、また、過労死等の労災補償額も従来よりも高額になっており、企業にとってメンタルヘルスの対応が急務となっている」と労災事故の現状について説明した。

 次に「非正規労働者の増加、女性の社会進出、パワハラ、セクハラ等の社会問題等、労務管理リスクは高くなっており、労働紛争が複雑化している。こうした状況を企業は改めて認識しなければならない」と、労務管理の重要性を述べた。

 こうした現状を受け、「企業内のいじめ、過労、うつ病の増加等に対するストレスチェック実施が義務化される状況を受け、メンタルヘルスを基本とした使用者賠償責任保険が企業防衛にとって益々必要となる」と労務リスクへの対応の重要性を強調した。

 参加者は、それぞれの企業が抱える労務管理の問題、対策について、大いに触発されたようであり、有意義なセミナーとなった。