入会案内メールマガジン地図お問い合わせ個人情報保護方針
事業報告
6次産業化プロジェクト特別委員会

先行・先進事例が多い農業型6次産業化へ!

 12月16日(金)、当所において6次産業化プロジェクト特別委員会[委員長:山田外志勝((株)山田屋社長)を開き、平成29年度委員会事業計画等について協議を行い、同事業計画(案)を決定した。

 山田委員長は「市の地域内経済循環と6次産業化分科会(検討ワーキング)では、水産業を中心とした6次産業化を検討しているので、当委員会では、先行・先進事例が多い能登地域の農業を中心とする6次産業化の研究等を行いたい」との方向性を打ち出し、出席委員も全員一致で、賛同した。

 その新規計画として、『農業型6次産業化先進地への視察・体験・見学会の実施』を追加し、基本方針は昨年度と同様で変更なしとした。

 なお、本委員会に先立ち同9日(金)、正副委員長会議を開き、平成29年度委員会事業計画や今後の活動等について協議を行い、後日開催の委員会で諮る事業計画素案等を決めた。

 当委員会は、10月の役員・議員等の改選により11月から新たな構成となり、委員長には(株)山田屋の山田外志勝社長、副委員長には(株)能登半島の半浦一秀社長が新たに就任し、(株)佐々波鰤網の桑原明志社長は留任となった。