入会案内メールマガジン地図お問い合わせ個人情報保護方針
事業報告
能登の里山里海“人・食材”交流の旅 全国展開プロジェクト

 12月6日(火)~7日(水)、長野商工会議所会員の飲食店代表やホテル調理担当等5名を招いて「能登の里山里海“人・食材”交流の旅」を実施した。

 平成26年6月、「能登の里山里海」が日本初となる「世界農業遺産」に認定され、能登の農業・水産資源は注目されている。とりわけ、能登の米づくり、野菜づくり、漁業(多様な環境と魚種)、海産物の加工技術等が、国内外に高い評価を受けている。

 しかし近年、加工・業務用食材の需要が拡大する中、輸入品との価格差もあり、ニーズへの対応も遅れ、販路開拓が急務となっている。

 今回、北陸新幹線でつながった長野市に、特産品の販路を開拓することを目的に、当所が中心となり、企画した。

 初日は、鵜浦町の㈱鹿渡島定置で魚の鮮度を長持ちさせる技術「鮮魚神経絞め」を体験した。中島町の木村功商店では、牡蠣養殖漁場体験クルーズを実施し、日本海側最大の養殖産地が誇る能登牡蠣を試食した。

 一本杉通り商店街では、御菓子処花月、昆布海産物處しら井、鳥居醤油店をそれぞれ視察した。

 交流会では、視察受入事業所と長野商工会議所会員5名が参加し、「神経絞め」の刺身、焼き牡蠣、水揚げ量日本一の天然能登ふぐ料理等を賞味した。
 二日目は、早朝より七尾魚市場㈱を訪れ、朝どれの近海鮮魚を見学した後、あぐり能登、かねしげ、スギヨをそれぞれ視察した。

 参加者アンケートも実施し、「早速仕入れたい」「参加できて良かった」「七尾の魅力がよく理解できた」「商品だけでなく、人と人との交流も深めたい」「長野の問屋(魚屋等)が入るとさらに良い」等の回答が得られ、有意義な交流となった。