入会案内メールマガジン地図お問い合わせ個人情報保護方針
事業報告
創立70年記念講演会を開催

 11月22日(火)、七尾商工会議所創立70年記念会員大会終了後、元尼崎市長白井文氏を講師に招き、「ピンチはチャンス」~自分を勇気づける力~をテーマとした記念講演会が開催され、会員事業所等120名余が聴講した。

 白井氏は、はじめに、「私が尼崎市長時代に、福知山線のJR脱線事故処理と大手機械メーカーの(株)クボタの旧工場のアスベスト問題等、大きな課題と直面した。市長の時に次々と問題が発生したのかと嘆いた時もあった」と述べた。

 次に、「福知山線の脱線事故の際に、230人の従業員がいる地元企業等の職員全員が救助に向かい、乗客を救い出したという話を聞き、誠実な対応の大切さと問題は会議でなく現場で解決することを学んだ。人のピンチを自分に置き換えて考えることが大事である」と自らの体験を基に語った。

 また、「努力は必ずしも成果が出るとは限らないが、それでも継続して行うことが成功への道である」と述べ、「仲間がいて、やるべきことがあることが幸せである」と強調し、講演を結んだ。