入会案内メールマガジン地図お問い合わせ個人情報保護方針
事業報告
第2回能越道交流会「能越道沿線 県境越え親睦」

 11月12日(土)、七尾・輪島・珠洲・氷見・高岡・射水・砺波の7商工会議所と羽咋市商工会でつくる能越商工観光懇談会が主催する「第2回能越道交流会」は、道の駅 氷見漁港場外市場ひみ番屋街で開かれた。能登・越中の魅力を再発見し、地域の交流について考えた。約400人が訪れた。

 氷見市出身で、宝塚歌劇団月組に所属する娘役の海乃美月さんのトークショーや、ご当地グルメの直売会、七尾・氷見市内で新規開業した「ニコデリ(七尾)」「おでん 串あげ 灘(七尾)」「GARUDA(氷見)」「和おんカイロプラクティック院(氷見)」が、創業チャレンジショップとして出店。ソースかつ丼、串揚げセットなどを販売した。七尾・氷見の両商工会議所も、創業支援コーナーを併設。大勢の来場者で賑わった。

 海乃さんは、小学生の頃から宝塚を目指して努力したことや、宝塚音楽学校での生活、各公演でのエピソードを振り返った。「能越自動車道のおかげで、宝塚大劇場への行き来がし易くなった」と話した。

 海乃さんの応援団長を務める堂故茂・参議院議員、寺下利宏・氷見商工会議所会頭と語る場面もあり、「魚が美味しくて、立山連峰の景色がキレイ。色んな人に知ってもらいたい。」と話した。

 ご当地グルメは、揚げ浜塩、さざえ最中、能登古代米、能登牛コロッケサンドなどを販売。解体ショーは10キロ以上のブリ2本を用意し、200人に刺身を振る舞った。アトラクションで石川県無形文化財「御陣乗太鼓」が披露された。