入会案内メールマガジン地図お問い合わせ個人情報保護方針
事業報告
「能登ふぐ棒寿し」の試食を行う

平成28年度小規模事業者地域力活用新事業全国展開支援事業第2回実行委員会を開催

 10月17日(月)、平成28年度小規模事業者地域活用新事業全国展開支援事業第2回実行委員会を開催し、委員、専門家、参画事業者16名が出席し、意見交換会した。

 冒頭、濱委員長が「今回は、新たに開発した『能登ふぐ棒寿し』のプレゼンテーションと試食会、長野での展示会出展のアンケートを中心に、皆様からもご意見を伺いたい」と挨拶した。

 はじめに、専門家松蔵高子氏より、試作品として開発した『能登ふぐ棒寿し』について説明した。開発レシピを㈱ヤマト醤油味噌に依頼し、それを元に参画事業者である㈲あぐり能登とすぎ省水産の共同で、開発する流れとなる。また、ヤマト醤油味噌代表取締役山本晴一氏が出席し、『能登ふぐ棒寿し』の3種類の試作品を説明した。

 「能登ふぐ」と「笑みの絆」を材料にシャリに古代米を混ぜ込んだ紫色の鮮やかなものや、稲荷寿しのごはんをベースにしたもの、ポン酢ジュレを使ったものなど、多彩な種類がそろった。出席委員からは「フグは身が白いので、彩りが美しくて良い」や「小ぶりな大きさが食べやすい」等の意見が出され、今後検討していくことにした。

 この他、専門家の谷本亙氏より「長野まるごと秋祭りinビッグハット」で実施するアンケート調査の説明もあり、実行委員会を閉会した。