入会案内メールマガジン地図お問い合わせ個人情報保護方針
事業報告
創業交流・能越交流会議で更なる交流を!!

七尾・氷見商工会議所が連携会議

 8月24日(水)、七尾・氷見商工会議所連携会議を、氷見市阿尾の民宿「城山」で開催した。

 当所、大林重治会頭や氷見商工会議所の寺下利宏会頭、七尾・氷見両副会頭、両青年部会長、両女性会長ら約20人が出席した。大林、寺下両会頭は、「能登半島の同じ地域として連携を重ねたい」と挨拶した。

 意見交換会では、両商工会議所の支援で創業した経営者同士の創業交流会や、11月12日(土)に氷見市北大町の『道の駅 氷見漁港場外市場ひみ番屋街』で能越自動車道沿線12市町の連携を深める交流イベント「能越交流会議」を開催すること等を申し合わせた。

 「能越交流会議」は、今年2月に能登食祭市場で第1回目を開催し、今回は2回目となる。

 第2回目はメインゲストとして、氷見市出身で宝塚歌劇団・月組娘役の海乃美月さんを招き、海乃さんのトークショーやブリ解体ショーを計画。その他、沿線12市町の名品・特産品の直売ブースを設け、両商工会議所の創業支援策として『創業チャレンジブース』も設けることを決めた。

 また、両市に共通して潜在する地域資源を活かした経済活動に取り組むことも確認した。この他、青年部相互、女性会相互の交流進展でも一致した。今後、本連携会議に羽咋商工会に参加を呼びかけることを決めた。

 両商工会議所は昨年2月の能越自動車道七尾氷見道路の全線開通を機に昨年秋頃から広域連携を目指して交流を重ねている。