入会案内メールマガジン地図お問い合わせ個人情報保護方針
事業報告
県内商工会議所会頭・副会頭会議開催

 7月5日(火)、県内7商工会議所の会頭・副会頭会議が金沢ニューグランドホテルで38名が出席して開催された。

 当所からは、大林会頭、高澤・小田・杉野副会頭、楠事務局長が出席した。谷本正憲石川県知事が、「新たないしかわの創生に向けて」と題して講演した。

 谷本知事は「北陸新幹線開業1年目を振り返り、多大な開業効果が現れた1年であった。新幹線利用者は1年間を通じて約3倍の利用があり、外国人旅行者も3年連続過去最高を更新。東北からの観光客が増加するなど想定外の効果も現れている。経済指標も全国トップクラスである。県では、開業効果の維持・発展に向け、誘客目標を平成37年には20%増の3,000万人とする。また、財政面での後押しをするためほっと石川観光プラン推進ファンドを創設等「ほっと石川観光プラン2016」の推進や道路・港湾・次世代産業創造への取り組みについて説明があった。

 引き続き、各商工会議所から地域の課題等について発言があり、閉会した。