入会案内メールマガジン地図お問い合わせ個人情報保護方針
女性会
第16回石川県商工会議所女性会連合会会員大会

 7月4日(月)、石川県商工会議所女性会連合会(木下八重子会長(当所女性会会長))は、第16回石川県商工会議所女性会連合会会員大会を「グランドホテル 白山」で開催し、県内女性会会員(加賀・輪島・七尾・白山・金沢・珠洲・小松)162名が参加した。(当所女性会より22名が参加)

 冒頭、木下会長より、「昨年の第47回全国商工会議所女性会連合会石川全国大会が皆様のご協力のもと、盛会に終えたことに対するお礼の後、「去る4月14日以降、熊本県・大分県を中心に非常に強い地震が継続的に発生し、未だ余震が続いており、犠牲になられた方々とご遺族の皆様に深くお悔やみ申し上げるとともに、被災された皆様や被災地商工会議所女性会に対して思いやりの心で支援していきたい」と述べた。

 また、「北陸新幹線金沢開業から一年がたち、女性企業人としてのネットワークを広げ、地域貢献できる事業活動に務めていきたい」との挨拶もあった。

 次に、普赤石川県商工労働部長、山田白山市長、髙松白山商工会議所会頭がそれぞれ祝辞を述べた。

 引き続き、平成27年度事業報告・収支決算、平成28年度事業計画・収支予算案を説明した。その後、和太鼓奏者 地下朱美氏を講師に、「太鼓とわたし」と題した記念講演会が開かれた。昼食交流会では、会員相互の交流を深め、今後ますますの飛躍をお互いに誓い合った。

 会員大会終了後、高松機械工業株式会社の概要説明を受け、工場内を視察後、帰路についた。