入会案内メールマガジン地図お問い合わせ個人情報保護方針
女性会
経営力アップセミナー のと共栄信用金庫 理事長 大林重治氏

「近頃おもう事」をテーマに講演~

 2月6日(水)、和倉温泉「ホテル海望」にて七尾商工会議所女性会、新春会員懇談会が木下会長他会員45名と一般参加者を含め120名が参加し開催された。
 新春会員懇談会では、のと共栄信用金庫 理事長 大林重治氏をお迎えし、「近頃おもう事」と題してご講演をいただいた。
 大林氏は、「雪などは邪魔なものという印象が強いが、景色の一部とした場合雪は美しいものに変化する。また、オイルショックなど高度経済成長の停滞を招いたものも見方を変えれば、環境問題を考えるきっかけになったといえる。2人の靴のセールスマンの有名な例え話があるが、靴の流通していない土地で靴を履く文化がないから靴が売れないと考えるか、靴が売れると考えるかという視点の違いは未来をも変えることができる。
 また、東京国立博物館での等伯作品の人気、能登の里山里海の世界農業遺産認定、そして小説『等伯』の直木賞受賞による等伯の再認識により全国的な七尾への関心は上がってきている。さらに北陸新幹線開業・能越自動車道の開通・能登有料道路無料化と交通アクセスが激変し、七尾を取り巻く環境は大きく変化している。
 私たちの七尾はどこにも負けない自然や文化、歴史などの恵まれすぎているほどのお宝を持っているが、そのお宝を見つけ出し、認識・活用することが私たちの役割である。だが、七尾では仕掛けが弱くお宝を活かしきれていないのが現状である。その打開策として、より大きな等伯像を観光スポットに設置し、海岸線に松林を植えるなど印象に残る目印が必要となる。その一方で、週刊東洋経済において、七尾は高齢者が住みよい街、出産子育てしやすい街として上位にランクしており、住みよい街として七尾のお宝を活かす動きもみられる。しかし、本当に七尾を活かすには現在の能登は駄目だという悲観論から脱却する必要がある。
 「人間万事塞翁が馬」という言葉があるように何が幸せとなるかはわからない。過去・現在の辛い思いや不幸な記憶も現在・未来の幸せな境遇や良い立場に繋がっている。見方を変えて前向きになることが大切である。今年は巳年の中でも癸巳(みずのとみ、きし)といわれ、1つのものが終わり新しい事象が始まる年、出発する年なので見方を変えて活動することが大切であり、見方一つで将来は変わるので、前向きに行動することが大切である。」と述べた。
 大林氏の前向きに考え方を変える柔軟な姿勢を伺える講演は、聴講者の視点を変える機会になったようであった。その後、会員懇親会が開かれ、不嶋市長・大林副会頭・永井専務理事をお招きして、会員相互の交流を深めた。

香りコンサート 能登食祭市場・モントレー広場にて開催

 10月30日(火)、香りの記念日実行委員会(会長:木下八重子)は、香りの記念日コンサートを能登食祭市場 モントレー広場で開催し、約50名が来場した。
 冒頭、木下会長より「香りの記念日とは平成4年に石川県で第7回国民文化祭が開催されたことを記念して、七尾市が日本記念日協会へ申請し、翌年から正式に制定された日本の記念日の一つで、10月30日は香りの記念日であると説明があり、香りと音楽は癒やし効果等の共通点があるので、今日は、香りと美しい音色を楽しんで下さい。」と挨拶があった。
 挨拶後、琴城流大正琴能登琴静支部の方々による演奏が始まり、秋桜・百万本のバラの他、ヒット曲(全7曲)を披露した。
 コンサートでは、会場を訪れた、聴衆客が演奏に合わせ一緒に歌ったり、お香の香りが広がる場内で、香りと演奏を楽しみながら素敵な時間を過ごした。
 また、香りの記念日を市民の皆さんに広げるため、10月11日~30日まで七尾市役所に、“香り文化を提唱するまち・七尾 10月30日は「香りの記念日」です。”という懸垂幕を掲げPRした。

全国商工会議所女性会連合会北九州全国大会に参加

七尾商工会議所女性会 組織強化(会員増強)で表彰される

 10月5日(金)、全国商工会議所女性会連合会全国大会が北九州市の西日本総展示場で盛大に開催され、全国から309女性会、約2,750名が参加され、七尾商工会議所女性会からは会長木下八重子他16名が参加した。
 冒頭、全国商工会議所女性会連合会の吉川稻会長より「この全国大会では、全国各地の女性会の役員・会員が一堂に会し、地域を超えた“交流の輪”が広がり女性会のネットワークが深まっております。私たち女性会は、女性らしい感性と特性を活かし、豊かな発想力と行動力をもって被災地の早期復興や、地域そして日本の再生に、より一層貢献して参りましょう。」と挨拶があった。
 引き続き、出席女性会紹介では都道府県毎に女性会メンバーにスポットが当てられ、それぞれのパフォーマンスが繰り広げられた。
 次に、第11回女性起業家大賞授賞式、全商女性連表彰授与式では、会員増強など組織強化に取り組んだことに当女性会が表彰された。
 全国大会終了後、(株)安川電機代表取締役会長利島康司氏(北九州商工会議所会頭)による「北九州発!グローバル会社のロボット会長奮闘記」と題した記念講演会が行われた。
 その後、大懇親会が盛大に開催され、郷土料理やアトラクションを大いに楽しんだ。
 また、10月4日(木)~6日(土)、石川県商工会議所女性会連合会の研修視察も開催され、明太子工場の視察、100億ドルの夜景の皿蔵山、九州国立博物館、太宰府天満宮、門司港などを訪れ、観光施設について研修した。

おもてなし講座・コサージュ作り (若手後継者等経営力向上支援事業)

 9月5日(水)、白山商工会議所女性会主催による、おもてなし講座に木下会長含め17名が出席した。(県内女性会から約100参加)
 第1部では、講師にホテル日航金沢チーフコンシェルジュ小島久枝氏をお招きし、「コンシェルジュ~心からのおもてなし~」と題し講演した。
 小島氏は、「JAL時代の20年間は、先輩等に厳しく指導して頂いたお陰で今の自分がいる。今の仕事に変わってからは、特に目の前のお客様を大切にしたら、その後ろにいるお客様にも通じていることや、お客様から学んだこと、相手に対して絶対にNO(ノー)と言わないことを徹底し接客を行っている。また、プロとしての意識の大切さについては、あいさつ、表情、笑顔、言葉遣い、プラス思考、プロ意識の大切さの6つがあり、自分は給料をもらって働いているということを忘れず、自己研鑽を通して向上心を持ち、プロであることを忘れないことが大切である。
 また、石川全国大会を成功させるには、自分自身が気配りをすることで、すばらしい大会になるのではないか」と締めくくった。
 第2部では、講師の加賀商工会議所女性会会長・小川恵子氏の指導のもと、石川全国大会で使用するコサージュ作りを開催し、会員同士の交流を深めた。

第12回石川県商工会議所女性会連合会会員大会

 6月20日(水)、石川県商工会議所女性会連合会・木下八重子会長(七尾商工会議所女性会会長)は、第12回石川県商工会議所女性会連合会会員大会を「輪島 高州園」で開催し、県内女性会会員(加賀・輪島・七尾・白山・金沢・珠洲・小松)より138名が参加した。(七尾商工会議所女性会より21名が参加)
 冒頭、木下会長より「東日本大震災から早1年3ヶ月が過ぎましたが、被災地の女性会の皆様が復旧・復興に懸命な活動をされていることをお聞きし、引き続き、支援が必要であることを再認識したと共に、皆様に継続的な支援活動をしていただくことを改めてお願いしたい。また、平成27年には石川全国大会が開催されます。県内女性会の会員が心を一つに大成功を収めたいと願っておりますので、ご協力・ご支援をお願いします」と挨拶があった。
 次に、飴谷石川県商工労働部次長、大西輪島市産業部漆器商工業課長、里谷輪島商工会議所会頭が祝辞を述べた。
 引き続き、平成23年度事業報告・収支決算、平成24年度事業計画・収支予算を説明し、県内女性会より東日本大震災義援金110万円を送ったことが報告された。
 昼食交流会の後、講師に歌手内田あかり氏をお迎えし、「能登半島地震から5年」~未来へつなぐ道~と題し記念講演会が開催された。
 5年前に発生した能登半島地震では、道路や家屋が壊滅状態であったにもかかわらず、大怪我や死亡された方は少なく、また避難下においても能登の女性は元気でパワーがあった。女性はいくつになっても美しく、パワフルでいられる。内田さんは13歳で歌手を志したときから様々なジャンルの歌を歌い、またドラマにも出演し様々な経験をしてきた。そのような中でも年を重ねて失ったものは多くあるが、今が一番幸せであると内田さんは語っており、いくつになっても失われない美しさとパワーを感じた。
 会員大会終了後、志賀太陽光発電所PR館を視察し、概要説明を受けた。

<< ←前ページへ |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  | 次ページへ→ >>