入会案内メールマガジン地図お問い合わせ個人情報保護方針
女性会
若手後継者等経営力向上支援事業

税金よもやま話2「相続税大増税」
 12月3日(火)、10月より3回にわたり開催している税務セミナー第3弾を開催した。講師には、10月にも講演していただいた、石川県金融広報委員会金融広報アドバイザーを務められている高倉祐二氏をお招きし、「税金よもやま話2相続税大増税」をテーマに、現在の相続税の内容や仕組み、相続に関しての対策の方法などについて講演された。
 相続税の改正に当たり、平成26年12月31日までは8,000万円超えると課税されていた家庭が、平成27年1月1日以降は4,800万円を超えると課税されるようになるなど、変更前と変更後の大幅な違いについて、具体的に数字を上げて、解りやすく説明をされた。また、財産というのは現金預金だけではなく、土地建物等の不動産や、構築物、株式等の有価証券や出資金なども入るのはもちろんのこと、立木、庭石などの庭園設備なども対象になるとのことだった。
 相続税についての対策としては、土地などについて、国税等HPの路線価図を調べておくことや建物の場合は固定資産税評価額など、大体の財産をあらかじめ把握しておくことなどが大切である。また、節税対策・納税資金対策・遺言作成の3つの対策においては、節税対策は専門家に相談するのが一番であり、遺言の作成については公正証書遺言なら確実に遺せるなど専門家ならではのアドバイスをされた。
 3回のセミナーを通して、消費税アップに向けた対策や将来に向けた資産運用・今後大幅に増税される相続税についての対策方法など、今後の将来に役に立つ知識を勉強する素晴らしい機会となった。

若手後継者等経営力向上支援事業 『セカンドライフに向けての資産運用』

 11月14日(木)、女性会(木下八重子会長)他19名は白山市の金谷酒造店の酒蔵を改装した髙砂茶寮にて会員の昼食懇談会を行い、その後、いしかわ総合スポーツセンターに場所を移し、税務研修会の第二弾として、日本銀行金融広報委員会委員でもあるフィナンシャルプランナーの高橋昌子氏を講師に招き、『セカンドライフに向けての資産運用』をテーマに税務セミナーを開催した。
 高橋氏は、まず、豊かな人生を送るためにはライフプラン(生きがい〈心〉・健康〈身体〉・経済〈マネープラン〉)や人生3大資金の流れ(マイホーム資金・教育資金・老後資金)などの計画、公的年金や資産運用の基礎知識を身につけ、家計の収入・支出を把握することが大切であると説明した。
 資産を増やす方法は、「第一に収入を増やす、第二に支出を減らす、第三に貯蓄を増やす」の3つしかないと述べ、支出を減らすという点からは、ローンや生命保険など支出が大きいものから見直していくほうが節約できるとした。また、金融商品の安全性や預金保険制度、株式や債権などの基礎知識や仕組みなどについて、分かりやすく説明した。
 預金の場合は、銀行の破たんに備えるための預金保険保護の仕組みがあり、リターン(期待できる収益の大きさ)は少ないが、リスク(リターンのブレ幅)も小さいとし、債権については種類が公共債・民間債などの種類があり、債権の格付けなどについて説明した。投資を始めるにあたって、リターンが大きく、リスクが小さいといった金融商品は存在しないということだけは頭に入れておいて欲しいとのことだった。
 リスクと上手に付き合う投資の方法としては、分散投資(投資先をできるだけ分散させておく)・継続投資(定時定額購入)・長期投資(長期投資でリスクが低減)の3つあり、そして、お金を賢く殖やすには、時間を味方につけることであると説明した。終わりに、高橋氏は「投資の船に乗ったら降りない、降りるなら上手に降りることが必要である」と結び、セミナーを終えた。

香りコンサート ~フォーラム七尾にて開催~

 10月30日(水)、フォーラム七尾で「香りの記念日コンサート」を開催した。
 初めに、香りの記念日実行委員会会長でもある木下八重子より「1992年に世界の香りフェアIN能登が開催されたことから、七尾市が10月30日を「香りの記念日」として日本記念日協会に申請し、翌1993年に制定されてから、今年で20年になり、香りの記念日が少しづつではありますが、市民の方々に知って頂いているのではないか」と話した。
 コンサートには、来場者約120名が、琴城流大正琴能登琴静支部アンサンブル響が出演し、「能登半島」や「涙そうそう」など、澄んだ音色で息の合ったハーモニーを演奏し、来場者から自然とハミングが聞こえた。
 また、ナ・レイ・プアラニ・フラスタジオ 主宰 竹澤康子他ミナクル70教室の生徒らは、華やかな衣装に身を包み、楽しくしなやかで暖かみのある踊りを披露した。
 最後に、香りの記念日制定20年を記念して、当所(香りの記念日実行委員会)で作成した等伯香を来場して下さった方々に1本づつプレゼントした。

女性会だより おもてなし講座

 10月9日(水)、加賀商工会議所女性会主催によるおもてなし講座が丸八製茶場で開催され、七尾商工会議所女性会(会長:木下八重子)17名が参加した。
 この講座は平成27年10月に開催される全国商工会議所女性会連合会石川全国大会に向けて、県内商工会議所女性会会員が資質の向上を目指し、おもてなしの心を学ぶために昨年に引き続き開催した。
 丸八製茶場社長 丸谷誠一郎氏に、加賀棒茶についての成り立ちや説明をうけた。その後、煎茶の入れ方体験では、穏やかな気持ちで、時間をかけて入れることで美味しいお茶を入れることができ、煎茶については三回お茶を楽しむことが出来ることを学んだ。また、棒茶の茶席を体験し、女性会の会員は美味しいお茶を堪能し、楽しい時間を過ごした。

全国商工会議所女性会連合会宮城全国大会に参加

 9月5日(木)~6日(金)、全国商工会議所女性会連合会は、仙台市(宮城県)で「第45回全国商工会議所女性会連合会宮城全国大会」を盛大に開催した。
 全国から349女性会、約3,500名が参加し、七尾商工会議所女性会からは会長木下八重子他20名が参加した。
 冒頭、全国商工会議所女性会連合会の吉川稻会長より「東日本大震災から約2年半が経過したものの復興は依然として遅れており福島県では、いまだに深刻な状況が続いている。早期復興・福島再生のため、皆様の一層の力添えをお願いしたい。また、全国女性会のネットワークを活かし行動する女性会として魅力ある地域づくりに向けた活動に邁進していく」と挨拶があった。
 引き続き、出席女性会紹介では都道府県毎に女性会メンバーにスポットが当てられ、それぞれのパフォーマンスが繰り広げられた。
 次に、第12回女性起業家大賞授賞式、全商女性連表彰授与式が執り行われた。
 全国大会終了後には、東北大学加齢医学研究所の川島隆太教授が「脳を知り、脳を育み、脳を鍛える」と題した記念講演会が行われた。
 その後、東北地方を代表する“東北の祭り”のイベントを開催。「青森ねぶた祭」「盛岡さんさ踊り」「秋田竿灯まつり」「山形花笠まつり」「福島わらじ祭り」「仙台七夕まつり」を会場内で披露。そのすばらしいイベントで会場内の女性会会員は歓声をあげた。
 また、9月4日(水)~6日(金)にかけ、県内商工会議所女性会連合会の研修視察も開催され、世界遺産の中尊寺、厳美渓、瑞巌寺、松島湾、仙台まち散歩(仙台市アーケード商店街散策)などの観光施設を研修した。

<< ←前ページへ |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  | 次ページへ→ >>