入会案内メールマガジン地図お問い合わせ個人情報保護方針
青年部
青年部だより 10月定例会

  10月21日(火)、青年部は10月定例会を開催した。今回は国際交流委員会(川森孝一委員長)が担当し、講師に落語家のダイアン吉日氏を招き、「ダイアンから見た日本」をテーマに英語落語・講演会を開催した。

ダイアンさんは、イギリス出身で18年前に来日した。故・桂枝雀(かつらしじゃく)のお茶子(おちゃこ)(寄席などで、客を座席へ案内したり、飲食物などを運んだりする女性)を務めたのをきっかけに落語に興味を持ち、英語落語に取り組んでいる。英語落語では、初歩の英語を交えての落語に会場の笑いを誘った。引き続いて行われた講演会では、日本との文化や習慣の違いや18年前に来日したときの外国人ならでは苦労話などを語った。

青年部だより 北陸信越ブロック商工会議所青年部連合会 臨時総会・会員大会

9月26日(金)、滑川市総合体育センターを主会場に北陸信越ブロック商工会議所青年部連合会の会議、ブロック大会が開催され、七尾YEGから浦谷宏信会長をはじめ11名が出席した。

午前中の会議では、役員会、臨時総会、会長会議が開催され、次年度の会長に新津YEGの坂井一鉄氏を選んだほか、来年のブロック大会を10月16日~17日に新潟県新潟市で開催することや平成22年度のブロック大会主管県連を富山県連とすることを決めた。

 午後からはブロック大会が開催され、基調講演会では、ワタミ㈱代表取締役社長の渡邉美樹氏が「夢に日付を!」をテーマに講演した。

記念式典では、荒木利文北陸信越ブロックYEG会長、工藤哲弘日本YEG会長、岡村 正日本商工会議所会頭の挨拶に続き、来賓として、斉藤俊明富山県商工労働部長らが挨拶した。

 夜には懇親会が開催され、北陸信越ブロックをはじめ、全国のYEGメンバーと交流を深めた。

石川県商工会議所青年部連合会 地域振興活動事業

 8月29日(金)~30日(土)、石川県商工会議所青年部連合会は、地域振興活動事業を静岡県浜松市で開催し、七尾YEGから浦谷宏信会長をはじめ10名、県内各地YEGより11名が参加した。

今回の事業は七尾YEGが担当し、毎年度、商工会議所や行政機関に対して、地域活性化の提言活動を実施している浜松YEG関係者を交えての勉強会を実施した。

勉強会の第一部の講演会では、浜松YEGの薩川敏氏、山内秀彦氏が「提言活動について」をテーマに講演し、第二部のグループ討論会では、浜松YEGの方がコーディネーターを務め、「地域活性化について」をテーマに各テーブルに分かれ、討論会を実施した。

今回の勉強会を通して、県内のYEGがそれぞれの地域を見つめ直し、地域活性化に向けて、何が必要で何が問題かを考えていく機会を各YEGが作り出すこと、また、将来的には提言活動に結び付けていくことを目的に開催した。

その他、産業観光モデルコース施設である、ヤマハ㈱グランドピアノ工場、うなぎパイファクトリーの視察も行った。

7月定例会

 7月12日(土)、青年部は7月定例会を開催した。今回は経営戦略委員会(北原泉委員長)が担当し、進行・運営のサポートに日本商工会議所青年部ビジネスネットワーク支援室の中谷安伸氏を招き、ビジネス交流会を行った。

 ビジネス交流会は、5~6名のグループに分かれ、情報交換や経営上の悩み、問題点などを話し、参加者はそれに対して、アドバイスや助言を行うことで参加者同士が心の支援者となることを目的としている。また、ビジネスマッチング、共同プロジェクト立ち上げなども目的としている。

 参加者からは、「今まで話せなかったことを話すことで気持ちが楽になった。」、「自分がマイナスと考えていたことがプラスに思えてきた。」などの意見があった。今回のビジネス交流会を通して、それぞれの課題が整理でき、経営を見つめ直す機会となった。

6月定例会

 6月28日(土)~29日(日)、青年部は6月定例会を開催した。今回は会員拡大委員会(瀬口功雄委員長)が担当し、白山登山を実施し、11名が参加した。

 今回は、日本三名山の一つである、白山のすばらしさの再認識と日頃の運動不足解消と併せて、苦難に打ち勝つことや助け合いの大切さ、会員の絆を深めるために企画した。また、登山道に落ちているゴミを拾い、自然の大切さや環境問題を考える機会とした。

 1日目は七尾商工会議所を出発し、別当出合から砂防新道を通り、白山室堂センターにて一泊した。2日目はあいにくの雨のため、予定していた、山頂にある白山比咩神社の奥宮での参拝や御来光の見学は中止となった。雨の中、下山し、帰路についた。

<< ←前ページへ |  21  |  22  | 次ページへ→