入会案内メールマガジン地図お問い合わせ個人情報保護方針
事業報告
第29回モントレージャズフェスティバルイン能登

JAZZが薫る港町七尾 ~海辺のJAZZ~ 3,200人が夏の夜のジャズに酔いしれた

 7月29日(土)、第29回モントレージャズフェスティバルイン能登が七尾マリンパークにおいて開催された。

 同フェスティバルは、世界3大ジャズフェスティバルの1つであるアメリカのモントレージャズフェスティバルの名称使用を許可された唯一のイベントとして今年で29回目を迎えた。

 石川ジュニア・ジャズ・アカデミーオーケストラの演奏で幕を開け、京都府立工業高等学校Mambou Jazz Bandの演奏に続き、夕暮れとともにプロのステージが始まり、守屋純子トリオ feat.武田愛、高澤綾クインテット、女性のみで編成されたJazz Lady Project、佐藤竹善 with 宮本貴奈、オルケスタ・デ・ラ・ルスの順に演奏した。

 最後に今回出演したバンドがステージに集結し、モントレージャズフェスティバルイン能登だけのスペシャルバンドでセッションを行い、聴衆は総立ちになり、会場の熱気は最高潮に達し、聴衆を魅了し夏の夜のジャズフェスティバルは閉幕した。

 同日には、JR七尾鉄道部の協力により、金沢駅から臨時列車「モントレージャズ号」が運行され、車内ではN.T.Jag Blowersの生演奏を楽しんだ。

 来年は30回目という節目の年、来年のモントレージャズフェスティバルイン能登をどうぞお楽しみに!

http://www.mjfinnoto.jp/

七尾特産品協会 “ラ コリーナ近江八幡”を視察研修

 7月26日(水)、七尾特産品協会(奥村山海会長)の17名は、滋賀県の“ラ コリーナ近江八幡”を視察研修した。

 “たねや”は、1872年(明治5年)創業の老舗。“ラ コリーナ近江八幡”は、たねやグループが2015年の1月にオープンさせた“たねや”と“クラブハリエ”の和・洋菓子を販売するショップ。現在の年間来場者は200万人を超え、滋賀県の観光名所となっている。

 「ラ コリーナ」はイタリア語で丘を意味する。敷地の中央には田圃、ショップの屋根は芝に覆われている。

 独自の食感が人気のバームクーヘンをはじめ、生ケーキから水羊羹など、手づくりの温かさを大切にしたこだわりの逸品を揃えていた。

海上自衛隊ミサイル艇はやぶさが入港

 7月18日(火)、海上自衛隊ミサイル艇はやぶさが矢田新第一埠頭に入港した。

 七尾港整備・振興促進協議会の大林重治会長(七尾商工会議所会頭)、岡野崇副会長(七尾市副市長)、大森信夫副会長(七尾海陸運送㈱社長)が表敬のため、はやぶさを訪問した。第2ミサイル艇隊司令2等補佐渡邉義彦氏、はやぶさ艇長3頭海佐小山内徹哉氏が出迎え、船内にて記念品を贈呈した。

 翌19日(水)の、一般見学には約300人が訪れ、海上自衛隊の業務に理解を深めた。ミサイル艇はやぶさの最高速度は約80キロであり、水しぶきをあげて、20日(木)出港した。

ななお創業応援カルテット創業応援セミナーを開催!

 7月15日(土)、当所において株式会社マネジメントワークスの多田年成氏(中小企業診断士)を講師にむかえ「わかる創業!~さまざまな創業スタイルと事業成功のポイント~」と題してセミナーを開催した。

 当日は創業に興味のある方、創業を決めている方、創業して間もない方ら19名が参加した。講師の多田氏は創業準備の全体的な流れ、多様な創業スタイルや事業成功のポイントについて解説。参加者らは自分にあった創業スタイル、無理のない創業計画について理解を深めた。

随時、お申込み・受付できます↓↓↓

第22回「海の日」記念式典・海上安全祈願祭

 7月17日(祝)、第22回「海の日」記念式典並びに海上祈願祭が、七尾マリンパークにて開催され、七尾港整備・促進協議会関係者らが、七尾港のさらなる発展と海上運航の安全を祈願した。

 式典では、七尾港整備・振興促進協議会 大林重治会長の式辞にて始まり、続いて七尾港海事功労者の表彰、古川博康七尾港長七尾海上保安部長をはじめ、各来賓より祝辞が述べられた。

 海上祈願祭では、大林重治会頭らが玉串を捧げ、大森信夫七尾港整備・振興促進協議会副会長が「皆様と力を合わせ、七尾港の発展に全力を尽くしたい」と挨拶し閉会した。

<< ←前ページへ |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  | 次ページへ→ >>