入会案内メールマガジン地図お問い合わせ個人情報保護方針
事業報告
七尾特産品協会 定期総会を開催

 七尾特産品協会は、5月19日(火)に番伊で平成27年度の定期総会を開催した。

 今回の定期総会では役員改選が行われ、新会長に(有)あぐり能登 相談役 奥村山海氏が選任された。奥村新会長は「会員各位の人と人の交流を更に深め、情報を共有し、アイディアを集積しともに成長し、消費者に広く愛される商品づくりに努めよう。」と挨拶をした。

 総会に引き続き行われた新商品発表会では、(株)鹿渡島定置の大羽イワシの糠まぶし、鳥居醤油店のお嫁ちゃん、花月のとうはくんサブレの3つの新商品の発表が行われ、開発のコンセプトなど会員相互で活発な意見交換があった。

 またその後の講演会では、講師に日の出屋製菓(株)代表取締役会長の川合声一氏をお招きし、「地産地消で強みを生かしたブランド戦略」をテーマにご講演を賜った。

七尾特産品協会 丸亀お城まつり出展

 七尾特産品協会は5月3日(日)~4日(月)に香川県丸亀市で行われた第66回丸亀お城まつりにブースに出展した。

 七尾市と丸亀市は昭和47年の丸亀お城まつりに七尾豊年太鼓が出演したことが縁で、両市は親善都市を締結した。以来、毎年丸亀お城まつりの開催にあわせ、当協会が観光PR・特産品販売コーナーも設けてまつりの盛り上げに一役買っている。

 今年も(株)スギヨの焼きちくわと木村功商店の焼き牡蠣の実演販売を行い、それぞれに長い行列ができた。また、高沢商店の和ろうそくやしら井の海産物などの販売も行った。

 例年のこの物産展を楽しみにしている方も多く、今年は初日の午後に天候が崩れるなどあまり天候に恵まれなかったが、今年も多くの丸亀市民の方が楽しんでいた。

小規模補助金を上手につかった販路開拓、販売促進事例のご紹介

~あなたもチャレンジしてみませんか~

 昨年の2月に小規模事業者が、商工会・商工会議所と一体となって、販路開拓に取り組む費用を支援する補助金として、小規模事業者持続化補助金が公募されました。また、国は、昨年、「小規模企業振興基本法」、「小規模支援法」を制定し、小規模事業者による事業計画の策定やその着実な実行を、商工会議所や商工会が伴走して支援する体制を整備しました。

 その結果として、小規模補助金については、当所においては、平成25年度補正分(平成26年2月から5月公募分)で29件の申請があり、14件が採択となりました。また、現在、平成26年度補正分が公募中(平成27年5月締切)で、2月のセミナー開催等により多くの会員の皆様にご案内させていただいたこともあり、昨年を大幅に超える申請が見込まれております。当所が支援させていただいた採択事例(平成25年度補正分)としては、飲食店の店内改装、看板のリニューアル、展示会の開催、商品パッケージの改良、新聞折込チラシやフリーペーパー掲載などがありました。

 補助金の額は基本的には50万円(補助率2/3)で、小規模事業者が使いやすい内容となっており、ご興味のある方はお気軽にお声かけ下されば幸いです。

 以下に採択事例(平成25年度補正分)について一部紹介させていただきます。


 お菓子司 十三屋
のれん、店外幕、冷蔵ショーケース等で活用
和の心 春直
店外ショーケースリニューアル等で活用 

小規模事業者持続化補助金 http://www.jizokukahojokin.info/

「にっぽん丸」が七尾港に寄港

 5月1日(金)、商船三井客船「にっぽん丸」が、矢田新第一埠頭に寄港した。

 にっぽん丸は、七尾港矢田新地区耐震強化岸壁供用開始に伴う寄港第一船であり、盛大な歓迎の中、七尾港に寄港した。

 不嶋豊和七尾市長の歓迎挨拶の後、大林重治会頭らが管啓二船長らに花束と記念品を手渡し、乗客には青柏祭名物の「ながまし」を贈った。

 埠頭には、七尾特産品協会の会員7店舗が出店し、里山里海のこだわりの商品を販売し、乗客はオプショナルツアーのバスやタクシーで一本杉通りや能登食祭市場、能登島ガラス美術館など市内を巡ったり、金沢や輪島方面のオプショナルツアーを楽しんだ。

第12回 花嫁のれん展の開催

 第12回花嫁のれん展が、4月29日(祝)に開催され、まちなかが大いに賑わった。

 はじめに、仙対橋にて開幕式が行われ、一本杉通り振興会の鳥居会長の開幕宣言の後、不嶋市長、大林会頭からそれぞれ来賓挨拶が行われた。

 花嫁道中開始宣言の後、新郎の野崎長志さん、新婦の濱前亜希恵さんが、でか山木遣りの先導により、御祓公民館に向けて出発した。

 今回の花嫁のれんは、能越自動車道七尾氷見道路開通に伴い交流を開始した「ひみ鳳の会」(氷見市観光協会の女性会員で構成)からの提供されるものを含め、50の商家・民家の屋内に約170枚の花嫁のれんが展示され、市民、観光客の目を楽しませた。

<< ←前ページへ |  51  |  52  |  53  |  54  |  55  | 次ページへ→ >>