入会案内メールマガジン地図お問い合わせ個人情報保護方針
事業報告
七尾駅に観光案内所開設

 7月1日(水)、七尾市観光協会はJR七尾駅の構内に観光案内所を開設した。観光案内所の開設は9年ぶり。能登地域各地で研修を積み七尾の観光だけではなく、広域観光の案内所として今後鉄道利用の観光客を中心に案内をする。

 開所式で、七尾市観光協会の濱暉元会長は「北陸新幹線、日本遺産に認定されたキリコ祭りと能登地域に追い風が吹いている今、観光案内所の果たす役割は重要になってくる。笑顔で親切な対応でおもてなしの心をもって、対応したい」と挨拶した。

 観光案内所の開設時間は、午前9時30分~午後4時まで。

第132回通常議員総会の開催 ~平成26年度事業報告・収支決算を承認~

 6月22日(月)、役員・議員48名が出席し、第132回通常議員総会が開催され、平成26年度事業報告、各会計の収支決算等について審議した。

 冒頭、大林会頭は、「北陸新幹線金沢開業・能越自動車道七尾氷見道路全線開通・朝ドラ「まれ」の放映開始により、能登にとっては大きな追い風が吹いている。一過性に終わることなく、持続していくことが大事。また、能越自動車道の未事業化区間の田鶴浜IC~七尾ICの早期事業着手の要望も大事である。平成26年度の重点事業の成果としては、創業承継連携支援として、「ななお創業応援カルテット」を中心とし、相談件数65件・創業実績28件の成果をあげた」と挨拶した。

 この後、大林会頭が議長となり、議案審議に入った。

 議案第1号平成26年度事業報告についてから議案第10号平成26年度地域内資金循環新事業開発検討事業特別会計収支決算についてまで、事務局より説明があり、それぞれ異議なく可決承認された。

 高澤副会頭が閉会の挨拶を述べ、通常議員総会を終了した。

七尾の地域特性を活かした地域づくりを目指すべき!

~北陸財務局長 竹田 伸一 氏が講演~

 6月22日(月)、北陸財務局長の竹田伸一氏を講師に迎え、「新幹線開業、七尾氷見道路開通を踏まえた北陸・能登の地域経済の課題」をテーマに講演会を開催し、当所役員・議員・評議員ほか会員事業所等、約80名が聴講した。

 始めに「平成27年4-6月期の法人企業景気予測調査では、北陸地域の企業の景況感は、26年1~3月期以来5四半期ぶりに「上昇」超となるなど、北陸新幹線開業による企業活動への波及効果が出ており、27年度の企業収益は増収増益、設備投資計画も2桁増加の見通しとなっている」と北陸新幹線開業が追い風になっていると現状を述べた。

 人口については、「高齢化が進み、若年女性の減小が将来は顕著になる可能性があり、雇用情勢にも影響が大きい」と人口動態の厳しい現状と見通しを説明した。この現状等を踏まえた中で「能越自動車道七尾氷見道路の開通、北陸新幹線金沢開業の効果が現れており、七尾市の和倉温泉や能登食祭市場等の観光地入込客数は、軒並み前年比増となっている。石川県では金沢市の他にプラスワンとなる訪問地域は最有力が能登である」と能登の可能性に言及した。

 また、「観光客の旅行目的である温泉、味覚、自然風景等、多彩な観光資源が能登にある。観光振興を核に地域産業の競争力を強化し、雇用創出につながる地域づくりが求められる」と今後の観光施策の重要性を述べた。終わりに「七尾市は都市部に比べ、はたらきやすさ、災害、ライフスタイルといった暮らしやすさ指標の貨幣価値が高い地域であり、この地域特性を認識、分析し、定住促進につなげていく方向性を目指して欲しい」とエールを送り、講演会を終えた。

常議員会を開催

 6月15日(月)、常議員会が開かれ、常議員等27名が出席し、平成26年度事業報告並びに一般会計・特別会計収支決算について審議した。

 冒頭、大林会頭が挨拶し、「本日は、平成26年度事業報告、収支決算について慎重にご審議願いたい」と述べ、審議に入った。

 はじめに平成26年度事業報告並びに一般会計・特別会計収支決算について事務局より報告があり、それぞれ承認された。この後、常議員異動に伴う補充選任について、議員異動に伴う補充選任について、参与委嘱の承認についても、すべて承認された。また、新入会員の承認についても報告された。

 高澤副会頭が閉会の挨拶を述べ、常議員会を終えた。

七尾卸商連盟が都内で視察研修を実施 ~大英博物館展等を見学する~

 6月5日(金)~6日(土)にかけて七尾卸商連盟は、東京都内で1泊2日の日程で視察研修を実施し、当連盟の会員等7名が参加した。

 今回の視察研修は、行きは今年3月14日に開業した北陸新幹線を利用し、帰りはのと里山空港の活用も兼ねて羽田空港から飛行機でのと里山空港へ帰着した。

 研修初日は、新幹線開業に向けて新たに開店した「いしかわ百万石物語」を訪問した。北陸新幹線開業関連のマスコミ効果もあり、平日にも関わらず多くの来店客で賑わっていた。石川の食品、工芸品の他、北陸新幹線グッズも来店客の人気を集めていた。

 2日目は、上野の東京都美術館で開催中の「大英博物館展」を見学した。古代文明の各種遺跡発掘品を始め、近世の工芸美術品等、多彩で貴重な展示物を鑑賞した。参加者は、大英博物館の歴史とコレクションの凄さの一端にふれ、驚きと感激の面持ちであった。この他、上野公園内の西郷隆盛像等を見学する等、有意義な視察研修となった。

総務課事務局次長 東昇一

<< ←前ページへ |  46  |  47  |  48  |  49  |  50  | 次ページへ→ >>