入会案内メールマガジン地図お問い合わせ個人情報保護方針
事業報告
常議員会を開催

 11月9日(月)に常議員会が開かれ、常議員等22名が出席し、議員の移動に伴う補充選任について、評議員の承認について、参与の委嘱承認等について審議した。

 冒頭、大林会頭より「日本商工会議所総会の場において、氷見商工会議所会頭より交流の申し出があり、氷見商工会議所との懇談会が開催されることになった。能越自動車道七尾氷見道路の全線開通に伴い、氷見との交流を活発化していきたい」と挨拶があり、議事に入った。

 議員の異動に伴う補充選任では、議員に(株)佐々波鰤網取締役社長 桑原明志氏、評議員の承認については、(有)あぐり能登代表取締役 奥村山海氏、(有)シラヤマ代表取締役 白山竜俊氏、(株)アントール代表取締役 川上孝一氏、七尾興産(株)代表取締役 諏訪雅利氏が承認された。また、参与の委嘱承認について、北鉄能登バス(株)代表取締役 西宮義人氏が承認された。

 この後、平成27年度会員大会、新入会員について、それぞれ承認された。

 閉会の挨拶を小田副会頭が行い、常議員会を終えた。

総務企画委員会

 11月5日(木)、総務企画委員会が委員7名出席して開催された。

 委員会では、先に144名が参加して開催された七尾商工会議所・中能登町商工会・能登鹿北商工会親睦ゴルフ大会の収支決算等が報告された。

 続いて、会員大会の概要、新年度事業計画案、第一生命保険(株)テナント入居について協議し、承認された。

港湾振興委員会

 11月5日(木)、当所にて港湾振興委員会を開催し、平成28年度事業計画(案)について協議した。

 委員10名が出席し、大森信夫新委員長(七尾海陸委運送(株)社長)の挨拶により、開会した。

 ゲストとして招いた、北陸地方整備局金沢港湾・空港整備事務所 大筒牧男七尾港出張所長、石川県七尾港湾事務所 納橋豊暢次長、七尾市産業部 木原肇次長から、七尾港の整備状況や今後の活性化策等についてそれぞれ説明があった。

 平成28年度事業計画(案)は承認され、ポートセールスによる客船の七尾港寄港の推進を期待する声があがった。

省エネ対策によるコストカット推奨 産業ものづくり委員会

 11月2日(月)、産業ものづくり正副委員会(高橋志栄委員長)を開催した。

 議題は、省エネ実証実験の経過報告と次年度委員会計画案。産業ものづくり委員会は平成25年12月より省エネ実証実験を開始。平成27年2月、省エネ効果をモニタリング企業より事例発表するセミナーを開催。以後、省エネに興味がある事業所へ訪問し、各々の事業所にあった最適な省エネ対策を提案。効果の高かった本実証実験と同装置を市内6事業所に導入いただいた。費用対効果の高い省エネ対策であり、その効果が高かったと喜ぶ事業所が大多数。

 これまで省エネ実証実験を行ってきた「水道」「重油」の同装置は、産業ものづくり委員会として推奨している。

 また、「電気」についても実証実験を開始した。この電気関連の省エネ実証実験の効果にも期待している。モニタリング調査後、会員事業所に披露(事例発表)したい。

 産業ものづくり委員会は、今後も、環境問題・コスト削減意識の高まりから注目が集まっている省エネ対策に重点を置くこととした。

大谷光男氏が経済産業大臣表彰を受賞する =七尾仏壇・伝統工芸士=

 七尾仏壇漆塗部門伝統工芸士の大谷光男氏(大谷仏壇店・七尾仏壇協同組合監事・七尾仏壇伝統工芸士会副会長)は、11月5日(木)に富山県高岡市で開催された伝統的工芸品月間国民会議全国大会記念式典での表彰式において、経済産業大臣表彰(伝統的工芸品産業功労者等表彰)を受賞した。

 本年度は、伝統的工芸品産業の振興に関し顕著な功労があった48名、1社(県内から6名)が受賞した。七尾仏壇からの受賞者は大谷氏で6人目となる。

<< ←前ページへ |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  | 次ページへ→ >>