入会案内メールマガジン地図お問い合わせ個人情報保護方針
<< 2016 年 8 月 >>
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
第28回モントレージャズフェスティバルイン能登

JAZZが薫る港町七尾 ~海辺のJAZZ~ 3,200人が夏の夜のジャズに酔いしれる

 7月30日(土)、第28回モントレージャズフェスティバルイン能登が七尾マリンパークにおいて開催された。

 同フェスティバルは、世界3大ジャズフェスティバルの1つであるアメリカのモントレージャズフェスティバルの名称使用を許可された唯一のイベントとして今年で28回目を迎えた。

 石川ジュニア・ジャズ・アカデミーオーケストラの演奏で幕を開け、夕暮れとともにプロのステージが始まり、“ラ・ヴィータ”with ザ・ジャズ・シークレッツ、全米から選ばれた高校生ビッグバンドのNext Generation Jazz Orchestra、ユッコ・ミラーBAND、3年ぶりに出演の綾戸智恵、守屋純子スペシャル・ビッグ・コンボの順に演奏した。

 最後に今回出演したバンドがステージに集結し、モントレージャズフェスティバルイン能登だけのスペシャルバンドでセッションを行い、聴衆は総立ちになり、会場の熱気は最高潮に達し、満員の聴衆を魅了し、夏の夜のジャズフェスティバルは閉幕した。

 同日には、JR七尾鉄道部の協力により、金沢駅から臨時列車「モントレージャズ号」が運行され、車内ではN.T.Jag Blowersの生演奏を楽しんだ。

 また、7月27日から七尾を訪れていたNext Generation Jazz Orchestra一行は七尾でホームスティし、色々な体験をして、8月1日に次の滞在地の東京へ向かった。

共済制度の効果的な推進策について情報交換する

ベストウィズクラブ第32回優良商工会議所群馬県連視察に参加

 7月28日(木)、群馬県前橋市でベストウィズクラブ第32回優良商工会議所群馬県連視察が開催され、各地の商工会議所専務理事やアクサ生命保険(株)本社、各営業局等から、過去最高の290名余が参加し、共済制度の効果的な取り組み等について情報交換を行った。

 冒頭、同クラブの代表幹事である長野商工会議所の今井専務理事が挨拶した後、群馬県連の大矢専務理事と前橋商工会議所の中島専務理事からそれぞれ、主催者挨拶と群馬県の紹介があった。

 アクサ生命保険(株)幸本副社長がアクサ生命保険(株)の現況報告を行った後、共済制度推進事例発表があった。始めに館林商工会議所の笠原常務理事より、今年度の第1回のBWCキャンペーンの取り組みについて発表し、議員事業所の加入率向上と共済フォーラムの有効活用等が効果的であったと説明した。次に、アクサ生命保険(株)太田営業所の諸井主任からは、会議所職員との人間関係の構築が重要であり、特に専務理事、事務局長が中心となったキャンペーンの取り組みが目標達成に不可欠であると説明した。

 この後、パネルディスカッションが開かれ、今回初めて、群馬県商工会議所連合会の曽我会頭、伊勢崎商れ県連、会議所の共済事業の取り組みについて意見を述べた。曽我会頭は、「まず正副会頭はじめ、執行部が共済事業の重要性を再認識し、アクサ生命(株)との連携を強めていく事が重要である」古賀会頭からは、「自社の役員退職金の加入を積極的に行うと共に、議員事業所へも自ら働きかけた」等の経緯を述べ、「会議所運営における共済事業の手数料収入は大きな財源である」と強調した。

 この他、太田商工会議所の湯浅事務局長、アクサ生命保険(株)前橋営業所の山口営業主任からは、それぞれ営業現場の立場から、アクサ推進員と会議所職員とのコミニュケーションを常に円滑にしながら、キャンペーンの目標達成に向けた取り組みについて報告した。

 終わりに、アクサ生命保険(株)アクサCCI推進本部の髙橋本部長が今回の優良商工会議所視察が盛況裡に出来た事に感謝の挨拶を述べ、視察を終了した。

7月定例会を開催

 7月27日(水)、青年部は番伊にて7月定例会を開催した。

 今回の定例会ではプレゼン大学講師の田村隆氏による、[伝えたい想いとは何だ?プレゼン大学inNANAO~一学期 お互いのプレゼン「ミラーリング」~]をテーマに講演会が行われた。

 田村氏からは、世界各地のCMや実験の映像を例に、プレゼンを成功させるためには共感が大事であると説明があった。

 引き続き行われたグループワークでは、100円ショップで販売している商品をどのように相手に欲しいと思わせるかや、会員同士が1対1で向き合い、お互いがお互いの事をインタビューし、その内容を相手になりきりプレゼンをするミラーリングという手法を使って、プレゼン能力の向上を図った。青年部では今年度にあと2回同様のプレゼン講座を開く予定である。